アース製薬

ごあいさつ

アース製薬は一貫して、「生命(いのち)と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する。」という経営理念のもと、製品・サービスの開発と普及に取り組んでまいりました。日本のみならず海外をも視野に入れ、環境にも配慮しながら、お客様の健康と生活の向上に貢献する。それは「アース」という名を掲げたときから見つめてきた、「地球」とのご縁を大切に思う姿勢にほかなりません。

たゆまぬ新製品の開発はもちろんのこと、既存サービスの改良にも真摯に向き合い、これからも私たちは「お客様目線」での満足にこだわり続けます。そのためにも、伸ばし、高めていくべきは「失敗を恐れない実行力」。当社において、市場シェアの過半数を獲得している虫ケア用品の存在は強みであり、大切な資産です。一方で、現在の実績にしばられることなく、社員一人ひとりが失敗を恐れず新たな挑戦や可能性にまい進できるよう、会社が全力で支える。そのことが必ずや時代の変化を乗り越え、対応していく力に結び付く、と確信しております。

すべての礎となる柔軟な発想を磨き、価値観の異なる相手を尊重する企業風土をより確かなものにしていくため、多様な人材が力を発揮するダイバーシティの活性化に尽力します。そしてアースグループがひとつのチームとして、ステークホルダーの皆さまに笑顔を届ける企業であることを目指してまいります。


2つの部署名変更に込める想い

このたび、アース製薬の中で唯一、お客様と直接コミュニケーションを取っている「お客様相談室」の名称を「お客様のお気づきを活かす窓口部」に変更いたします。今回の名称変更は、お客様に改善点などをもっと教えていただきたいという気持ちを表現しています。また、窓口部員全員がその意味を深く理解して行動することで、お客様目線による市場創造を実現したいという意味を込めています。

アース製薬には、事業を運営していく上で社員全員が持つ共通の価値観として「全員参画、コミュニケーション、人がすべて」があり、人財を中心に考えています。「人事部」は、働く仲間の人権や多様性を尊重し、お互いを認め助け合い、働きがいのある職場づくりを推進していく中心部署として、「人財マネジメント部」へと名称を変更いたします。

これからも社員とともに時代の変化に対応しながら、アース製薬は「お客様目線」を第一に、ものづくりに取り組んでまいります。

代表取締役社長CEO
川端 克宜

ページトップへ