アース製薬

環境負荷の低減

事業における環境負荷

アース製薬では、事業活動における原材料やエネルギー等の資源(インプット)と、その活動で生じる製品や環境負荷(アウトプット)を、事業活動を通じて定量的に把握し、削減に取り組むとともに適正管理に努めています。

※2本の指でタッチパネルを外に押し広げると画像を拡大できます。

バリューチェーンを通じた取り組み

※2本の指でタッチパネルを外に押し広げると画像を拡大できます。

製品開発における取り組み

容器や包装材の減量化、製品のコンパクト化やロングライフ化、詰め替え製品は、それ自体が省資源や家庭のごみ削減になると同時に、輸送効率も向上し、省エネルギーやCO2削減にもつながります。このように、製品のライフサイクル全体での環境負荷低減を意識しながら3R「リデュース(減量化)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)」の視点で製品開発に取り組んでいます。
また、天然由来成分や環境負荷が低い素材を使用した製品の拡充も図っています。

生産における取り組み

工場では、省エネルギー、廃棄物削減、節水などの環境活動も、生産現場のムダを取り除く「カイゼン提案活動」の一環だと認識しながら長年取り組んでいます。また、薬剤などの化学物質に関しては、取扱量・製品含有量などの収支管理、作業者に対する危険性や有害性の安全性情報の周知など徹底管理を行っています。さらに、安心・安全な製品づくりにつなげるために、化学物質などの漏えいなど万一の事故を想定した訓練も工場周辺地域と連携しながら実施しています。

販売における取り組み

社有車では、ハイブリッド車など低燃費・低排出ガス車を採用しながら、営業活動で車を運転する際のエコドライブや、効率的なルート選択などの指導を行い、CO2排出量の削減に努めています。また、季節製品の返品は廃棄物になることから、代理店様・小売業様と連携し、適正な需要予測に基づいた適切な製品導入と売り場の提案を行っています。

物流における取り組み

輸送時のCO2排出量を削減するため、物流の委託会社と連携して、輸送効率の向上を図っています。積載効率のアップやモーダルシフトの拡大、物流拠点の最適化など、今後も継続してより効率的な物流に取り組みます。

エネルギーの見える化

エネルギーの見える化で効率的な省エネを実現

当社が使用するエネルギーの大半は工場・研究所で使用しています。その使用状況を詳しく把握することで、効率的、効果的な省エネルギー活動が実施できると考え、2013年から2016年にかけて坂越工場・赤穂工場・掛川工場・研究所において、電力使用状況などの「見える化」を図りました。また、当社の新たな工場である徳島工場への導入も検討中です。各部署で実施した省エネ改善は毎月「省エネ推進員会」で報告、情報共有することで関連部署にも展開し、相乗効果を上げています。

「特集2. 返品の削減に向けて」を見る

ページトップへ