アース製薬

調達における取り組み

アース製薬は、「生命(いのち)と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する。」という経営理念を掲げ、これを実現すること自体がCSR(企業の社会的責任)への実践であると考えています。その中において調達活動は、まさに地球との共生なくしては成り立たないものであり、その実現のためには、社会全体の持続可能な発展に貢献することを目的としたCSR調達への取り組みを、お取引先様とともに推進していく必要があると考えています。
2017年にアースCSR調達ガイドラインを掲げてCSR調達に取り組んできましたが、CSRに関する近年の動向や国際社会の要請などに鑑み、2020年8月に同ガイドラインを改定しました。

調達方針

・アース製薬は、全てのお取引先様に対し公正・公平で倫理的な関係を保ちながら、人権・安全衛生・環境に配慮した購買を行います。
・アース製薬は、お取引先様との信頼に基づいたパートナーシップを構築し、相互で持続的に成長しながら、社会との共生を目指します。

お取引先様への周知活動

アースCSR調達ガイドライン
  • 購買:法令・規範遵守
    私たちは、国内外の法令・国際的条約や社会規範を遵守し、企業倫理に基づいた購買を行います。
  • 購買:製品の安全性・品質
    私たちは、製品の安全性と品質を確保するため、要求品質を満たす原材料の購買を行います。
  • 購買:公正取引
    私たちは、全てのお取引先様に対して公平に窓口を開き、公正な購買を行います。
  • 情報セキュリティ
    私たちは、調達活動に関わる秘密情報・個人情報を厳格に管理します。
  • CSRへの取り組み
    私たちは、お取引先様とともに、人権擁護・労働安全衛生・環境保全への取り組みを推進します。
  • 得意先との信頼関係
    私たちは、お取引先様との信頼関係を構築し、相互の成長を目指した持続可能な取り組みを行います。

お取引先様にアース製薬の調達方針およびCSR調達ガイドラインを理解いただき、アース製薬とともにその内容を実践させていくため、次の活動を進めています。
お取引先様自身のCSR取り組み状況の再認識と継続的な向上のために、CSRセルフ・アセスメント質問表への回答を依頼しています。この活動は2017年より実施し、現在では、お取引先様195社中168社の原材料メーカー・生産委託先から回答を得ています。
これらのご協力をいただいたCSRセルフ・アセスメント質問表の回答・集計結果を基に、個別面談などでお取引先様と結果を共有し、取り組みが弱い部分(特にサプライチェーン関連)の改善やさらなる向上に努めています。今後も新規のお取引先様へ実施するとともに、この活動を継続していきます。
また、新たに当社内においてのお取引先様への評価を調査しました。この結果を分析するとともに、CSRセルフ・アセスメント質問表の回答・集計結果と合わせ、お取り引きいただくお取引先様と、調達方針に沿ったC S R調達ガイドラインの徹底と見直すべき課題を話し合っていきます。



CSRセルフ・アセスメント質問表 集計結果

項目得点率分布
A
(100~80点)
B
(60~79点)
C
(40~59点)
D
(20~39点)
E
(0~19点)
コーポレートガバナンス 53% 23% 11% 12% 1%
人権 40% 24% 15% 21% 0%
労働 64% 21% 10% 5% 0%
環境 60% 18% 9% 13% 0%
公正な企業活動 56% 21% 13% 10% 0%
品質・安全性 77% 12% 7% 4% 0%
情報セキュリティ 62% 25% 8% 5% 0%
サプライチェーン 38% 27% 15% 20% 0%
地域社会 55% 21% 12% 12% 0%

ページトップへ