アース製薬

調達における取り組み

調達方針

・アース製薬はすべてのお取引先と公正・公平で倫理的な関係性を持ち、連携を強化しながら適正な調達活動を行います。
・環境や人権に配慮したお取引先とのパートナーシップを構築し持続的に発展していける社会の実現を目指します。

取引先へのガイドライン周知

責任ある調達活動の実現を目指し、当社のCSR調達に対する取り組みをお取引先へ理解していただくため、継続的に説明会を実施します。
※対象:当社の原材料メーカー・生産委託先
             計180社(国内167社・海外13社)

またお取引先に対してCSR調達ガイドラインに基づいた自己判定を依頼し、回答の分析・検討を行い、改善すべきお取引先および項目の洗い出しと改善依頼を行います。

アースCSR調達ガイドライン
  • 法令・社会規範を遵守した購買を行います。
  • 安心・安全な品質要求を満たす原材料の購買を行います。
  • 国内外、実績有無を問わず、公正で公平な自由競争を提供し、適正な購買を行います。
  • 人権擁護、環境保全の推進など社会的責任を重視する企業との取り組みを行います。
  • お取引先と信頼関係を構築し、相互成長・持続可能な取り組みを行います。

CSR調達の推進

当社の調達方針およびCSR調達ガイドラインをお取引先に理解していただくため、また、お取引先自身のCSR取り組み状況の再認識と継続的な向上のためにCSRセルフ・アセスメント質問表への回答を依頼しております。

CSRセルフ・アセスメント質問表 集計結果

項目得点率分布
A
(100~80点)
B
(60~79点)
C
(40~59点)
D
(20~39点)
E
(0~19点)
コーポレートガバナンス 80% 13% 7% 0% 0%
人権 60% 27% 13% 0% 0%
労働 87% 13% 0% 0% 0%
環境 87% 7% 7% 0% 0%
公正な企業活動 60% 33% 0% 7% 0%
品質・安全性 87% 13% 0% 0% 0%
情報セキュリティ 73% 27% 0% 0% 0%
サプライチェーン 47% 27% 13% 13% 0%
地域社会 67% 27% 7% 0% 0%

※当社取引額上位6割を占める原材料メーカー・生産委託先へ実施

今後はCSRセルフ・アセスメント質問表の回答・集計結果をもとに、個別面談などでお取引先と結果を共有し、取り組みが弱い部分の改善やさらなる向上に努めていきます。

調達時の環境負荷削減

調達において、生産現場での包装資材ごみの削減を目指し、さまざまな原材料荷姿の仕様変更を行っています。
例えば、以前まで「ブラックキャップ」の製品を調達する際、ピローフィルム*ひと巻ごとに段ボール包装をしていたことにより、大量の段ボールを廃棄していました。
この問題を解決するため、荷姿を再検討し、パレット上で片段シート(底面・外周)やスチレンシート、ストレッチフィルムで対応することにより廃棄物の大幅な削減が可能となりました。
*ピローフィルム:ブラックキャップ函内の製品を覆っている袋の材料

ページトップへ