アース製薬

環境に配慮した製品の開発

取り組みの背景

当社では、製品のライフサイクル全体での環境負荷低減を意識した、3R「リデュース(減量化)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)」の視点で製品開発に取り組んでいます。
容器、包装材の減量化、製品のコンパクト化やロングライフ化、詰め替え製品は、省資源や家庭のごみ削減になると同時に、輸送効率も向上し、省エネルギーやCO2削減にもつながります。また、天然由来成分や環境負荷が低い素材を使用した製品の拡充も図っています。
当社では今後も、お客様のニーズと環境への配慮を両立させたものづくりに取り組んでいきます。

環境に配慮したものづくり

【設計】3Rの視点での製品づくり

容器の包装は役目を終えた時点で廃棄物となるため、常に3R「リデュース(減量化)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)」の視点を持つことが重要です。「おすだけノーマット」は当社がいち早く開発した極めて少量で効果を発揮するスプレー式の詰め替え製品となっています。このほか、「バポナ 虫よけネットW」「虫こないアース あみ戸に貼るだけ」など一部製品ではペットボトルなどのリサイクル樹脂を使用しています。

【消費】天然由来成分の製品ラインナップを強化

近年、自然派志向により天然成分の製品を使用したいというお客様のニーズが増えています。効果と安全性を担保した天然由来成分を用いた製品を開発し、より安心してお使いいただけるよう取り組んでいます。

【研究開発】省資源化に向けた研究開発

1984年の発売以来、「アースノーマット」は液体蚊とりとして多くのお客様にご愛用いただいています。蚊の発生するシーズンは地域によっても異なりますが、長期間にわたるため、頻繁に交換しなくても済むことが、利便性の向上と環境配慮につながると考えています。今後も研究開発を通じて省資源化を図ります。

環境配慮製品

新技術の応用による省資源化

エアゾールタイプの虫ケア用品は噴射ガスなどを多量に使用しなければならないという問題がありましたが、定量噴射方式とマイクロ粒子化技術を応用した「おすだけノーマット」を開発したことで、従来品に比べ噴射ガスが大幅に削減されました。さらに長時間「害虫を退治する」技術との両立にも成功したことで、多くのお客様の生活空間の快適化と環境配慮を両立させることを可能にした製品となりました。

 
 

おすだけノーマット

 
 

天然由来成分

近年は自然派志向のお客様が増えつつあり、そのようなお客様のニーズに応えることが重要になってきています。当社はこのようなニーズをいち早く先取りし、長く蚊とり線香にも使われてきた除虫菊エキスやハーブ、あるいは食品などの天然由来成分を使用した製品の開発を行っています。またさらなる安全と安心にもこだわり、開発や設計に注力していきます。

ダニバリア ダニよけシールタイプ(天然ハーブ)

natuvo(天然成分 100% 内オーガニック成分 75%)

らくハピ キッチンの排水口 ヌメリがつかない(ワサビ成分)

やさお酢(食酢)

ナチュラス 天然ハーブのゴキブリよけ(天然ハーブ(ハッカ油))

ロングライフ製品

製品使用後の容器を頻繁に廃棄し、交換しなくても済むようにすることが、お客様の利便性向上と環境配慮につながるとの考えから、3R視点でのものづくりに注力しています。独自の研究を重ね、サイズは同じながらも効きめの持続期間を最大180日まで持続させることに成功しました。これによって、省資源とお客様側で出るごみを減らすことに貢献しています。

アースノーマット Next Plus+

QunQum バポナ 虫よけネット W

QunQum バポナ あみ戸に貼るだけ

ページトップへ